HOME > アニメ > ワールドトリガー 個人的メモ

ワールドトリガー 個人的メモ

私が見始めたのは「セカンドシーズンの2話」からです。

 

2021年1月10日放送開始

テレビ朝日 日曜 1:30(土曜深夜)

wikipedia

セカンドシーズン・オープニング Force TOMORROW X TOGETHER

https://www.youtube.com/watch?v=sEu3GWw-TbI

セカンドシーズン・エンディング 未来永劫 神はサイコロを振らない

https://www.youtube.com/watch?v=Z0H9Ce3ZzAk

 

個人的メモ

※ファーストシーズンを見ていない点、正確に聞き取れていない場合があります。

技名:特徴、使用者など

主役級:三雲修(みくも おさむ、メガネ君、オッサム)、空閑遊真(くうが ゆうま)、雨取千佳(あまとり ちか)

※()はシーズンと話数、例 3-6 →シーズン3の6話

エスクード:(3-6)使用可能範囲は通常は25m。トリオン量の多いヒュースはさらに広い。(3-6)ヒュースは以外な所からエスクードを出した。シールドよりは耐久力がある。

グラスホッパー:(2-5)空中にジャンプ台を作るトリガー。(2-7)「照屋ちゃんにグラスホッパーはない」

スコーピオン投げ:(3-13, 3-14)ブレードを投げた武器。(3-9)先に投げておいてからの攻撃

スラスター:(2-7)スラスターオンで加速(ダッシュ)移動できるトリガー

トリオン供給機関:心臓付近にあり、やられると強制ベイルアウトになる。

バイパー:(2-3)曲がる弾。(3-1)曲がる弾。弾丸トリガーの中でも扱いが難しい

バッグワーム:(2-5)レーダーから消えられる。デメリットはフルガードができない

ベイルアウト:(2-2)戦線離脱

メテオラ:(2-3)重火器。(3-11)誘爆の危険性あり。(3-14)メテオラで建物を爆破

レッドバレット:(2-11)鉛弾。通常弾とは異なる(3-2)レッドバレットはオフにできる?オフにすると通常弾になる?

シーズン2の2話「激突」

ギムレット

韋駄天(いだてん):軌道(コース)が一定:クロエ

透明化:姿を消す、武器は使えない

犬型、ドグ:連携必須

デスピース:円盤状の飛翔体(ひしょうたい)

旋空弧月(せんくうこげつ):生駒隊長

シーズン2の3話「決戦」

セルビトラ(セルヴィトラ):分身。装置が真上に

バイト:

液体シールド:武器が使用不能に。足につくと運動能力低下。ピンク色

遠隔斬撃(えんかくざんげき):

シーズン2の4話「運命」

シュゲテール(シゲテール):大型のムチ

ランディリス:磁石のような原理で相手の動きを止める

シーズン2の5話「新技」

ワイヤートリガースパイダー:味方だけに見やすくできる。敵には障害。足場にも。久我のようなグラスホッパー使いには有利、ワイヤー軌道。赤いワイヤーは敵にも見える。木虎(きとら)による伝授

ライトニングレッドバレット狙撃:集中シールドでも防げない。射撃の瞬間はバッグワームは使えない。膨大なトリオンが必要。

シーズン2の6話「意地」

メテオラ:柿崎隊長

シーズン2の7話「勝負」

カメレオン:バッグアーム系か?

アステロイド:武器の発動の声の模様。この回ではトラップが発動した

照屋による時間差攻撃

レッドバレットハウンド:レッドバレットによるハウンド

スコーピオンで傷口をふさぐ

シーズン2の8話「交渉」

ワイヤートリガースパイダーの解説:

基本的に赤い色のワイヤー、普通の色のワイヤーの2種類。ただ、三雲は普通の色のワイヤーを黒からグレーの4段階の微妙な色にしていたため、見えるワイヤーと風景に溶け込むワイヤーにして使い分けた。接戦で早い動きの時は、最も薄いグレーのワイヤーには気づきにくい。

シーズン2の9話「隊長」

●アタッカー生駒隊長、シューター水上、スナイパー隠岐、アタッカー南沢

4人での多角的攻撃。生駒隊長の旋空弧月に注意

●アタッカー王子隊長、シューター蔵内、アタッカー樫尾(かしお)

基本は3人で攻撃、全員ハウンド装備。王子隊長は左手に弧月、右手にスコーピオンとハウンドの使い分け

シーズン2の10話「上位」

サラマンダー:蔵内隊員の合成弾。射程と弾速はスナイパーには劣るが、破壊力は充分

シーズン2の11話「強者」

生駒旋空(いこませんくう):

生駒隊長の旋空弧月は約40mと全アタッカーで最長。射程と効果時間は反比例。つまり効果時間が短いほど射程は伸びる。立川さんらほとんどのアタッカーは1秒の起動で15m伸ばすが、生駒隊長は0.2秒の起動で40mに伸ばしている。剣のスピードが速く旋空とのタイミングが早くないと出せない技。

バッグワーム奇襲:攻撃する直前までバッグワームで隠密行動。

追尾レッドバレット:追尾型のレッドバレット

ハウンド:追尾弾

アステロイド:この回では南沢が発声するとメテオラが発動。三雲も発声。

スパイダー:三雲が雨取を守るため、ワイヤートリガースパイダーを張った

雨取のハウンド:通常のハウンド以上の大きさと量

ノーマル旋空

シーズン2の12話「新人」

置き弾:王子隊長が使ったカウンター狙い

玉狛第二の弱点が露呈:Aクラスは久我しかいない点。

シーズン3の1話「新生」

エスクード:壁。烏丸(鳥丸、とりまる)が使っていた、地面からせり出せる。トリオンの消費量が多い。旋空弧月やスラスターなら斬れる。

シーズン3の2話「選択」

レーダーサーチ訓練:指示された的のみ射撃して点数

Q.個人ごとのトリオン量とは?

A.標準トリガーを装備するだけで消費。残りのトリオンが、弾丸とかシールドのエネルギーになる

・標準装備トリガーの内訳

アステロイド、レイガスト、スラスター、バッグワーム、スパイダー、シールド、トリオン体本体、基本装備、ベイルアウトシステム(とくに大きい)

・さらにトリガーを追加することで、戦闘用トリガー量は減少する。

アステロイド,レイガスト,スラスター,バッグワーム,スパイダー,シールド,トリオン体本体,基本装備,ベイルアウトシステム

・三雲修のトリガー構成の一例

メイン:レイガスト、スラスター、FREE TRIGGER(空きスロット)、スパイダー

サブ:アステロイド、FREE TRIGGER(空きスロット)、シールド、バッグワーム

・空閑遊真のトリガー構成

メイン:スコーピオン、グラスホッパー、シールド、FREE TRIGGER(空きスロット)

サブ:スコーピオン、グラスホッパー、シールド、バッグワーム

・新人:ヒュース・クローニン

シーズン3の3話「作戦」

黒い弧月:暗闇では断ち筋が見えず

レイガスト:防御も可能

シーズン3の4話「秘策」

影浦隊長(かげうら):2頭スコーピオン

村上隊員:鉄壁防御からの一撃

来馬隊長(くるま):ダブルライフル(ダブルハウンド)によるフルアタック

暗視の視覚支援

アステロイドの時間差攻撃

シーズン3の5話「無双」

・トリオン漏出によるベイルアウトの場合、それまでに受けた一番大きなダメージを与えた隊員に得点が入る。

・村上隊員による旋空弧月の曲芸。

・ダミービーコン:レーダー上のかく乱。敵からはフラグ(▲マーク)にしか見えない。

・ハイパーメテオラ:焼だし用のメテオラ、雨取が放った大爆発級のボム。奥寺隊員が不運にも被弾した。

シーズン3の6話「判断」

・東隊長のバッグワーム:上の階で武器にバッグワームをかけておき、下の階で武器を起動。すると上の武器が消え、かけていたバッグワームが重力によりひらひらと落下した。

シーズン3の7話「予感」

シーズン3の8話「意志」

・「トリオンの大きさの割にアステロイドの威力が低いい。弾に何か仕掛けがあるのか?」

・「二宮さんにトリオンで優っているヒュースと千佳のペア。千佳がシールドでフルガード、ヒュースが弾トリガーなら射撃戦はほぼ無敵」「ブレードで二宮さんに近づくのはしんどい」

シーズン3の9話「難敵」

・二宮さんのスタイル。細かく割った数重視の弾と、大きく割った威力重視の弾とを緩急つけてフルアタック。どちらの弾が来ても相手はガードせざるを得えず、その間に、他方の弾でダメージを受ける。

・シューター(二宮さんなど):手数(てかず)、1キューブを出す、2キューブを割る、3狙う、4撃つ

・ガンナー(弓場さんなど):1狙う、2撃つ

・里美さん、ナンバー1ガンナー

・先に投げたヤツに、(足で地面を蹴ることで)地面の下からスコーピオンをつなげて変形させた。影先輩のマンテツの変化版

・対弓場

シーズン3の10話「別案」

・アステロイドでシールドを割れる相手には、フルアタックでシールドごと

・トリオンが高く守りが堅い相手には、バイパーによる奇襲攻撃で崩す

・対二宮さん。1対1は避ける

・フルアタックを狙うシューターやガンナーはガードをしていないので、狙いやすい

・片手さえ開いていればガード可能

・二宮さん対策として先輩・鳥丸さんに頼る。あえて二宮さんに1対1の状況を作り、ノーガード時を狙う

シーズン3の11話「最終戦」

・二宮さんは近くに味方がいると合成弾を使うことがあるので、リムレットで防御を崩されないように。

・弓場隊:応援団風

・サラマンダー:爆撃弾

シーズン3の12話「乱戦」

・天取のシールドはアイリスを防ぐので、天取が撃った瞬間を狙ってくる。

・空閑の、実際は雨取の固定シールド

シーズン3の13話「1対1」

・合成弾:ハウンドのように見える場合も

・弓場隊長のリボルバーの有効射程は22mちょっと。アタッカーの踏み込み旋空弧月の有効射程20mでは届かない間合い。そこで生まれたのが生駒旋空。

・スコーピオン投げ:曲がるブレード投げ

・グラスハウンド:敵の全方位にグラスホッパーを配置。スコーピオン投げが入るとスコーピオンピンボールと呼ばれる全反射攻撃。唯一、グラスホッパーを弾丸で破壊すれば回避できた。

・ホーネットの合成弾:メテオラを爆撃。

・ハウンドの上位撃ち。時間差攻撃

・置き弾:二宮隊長

シーズン3の14話「覚悟」

・ハウンドを真上に放ち、さらに高度に差をつけることで時間差もつけた。ヒュースの時間差ハウンドの屋外型。

・ハウンド:追尾性能の強い部分、弱い部分、無い部分とあり、設定可能。それにより「山なりのハウンド」が可能。仮に追尾性能を最大にした場合、弾全てが狙った所に飛ぶが、集中シールドで防がれる。そのため、追尾性能を程よく調節するのが良い。ランクが低い選手は追尾性能を調節するべきだが、トリオン量が多い人は追尾性能をMAXにすれば集中シールドを破壊できることもある。

・ホーネット:ハウンドとハウンドを合成した合成弾。ハウンドよりも追尾機能が強化されていて、ハウンドでは曲がれない角度でも追うことが可能。

・見せ技:例えばホーネットやハウンドで落とすように見せかけ相手に回避行動をさせ、実際は別の人、別の技で攻撃すること。

・釣り狙撃:動いた三雲を追ってきた敵を雨取が狙撃

・アイリス:雨取がレッドバレット(弾)の代わりに放った一撃

・スローライトニング


ほかの アニメ の記事

おじゃまんが山田くん

サンライズ 1988~1996年
ナック

エイケン

ボンズ


amazonでワールドトリガーと検索した結果
*該当しない場合があります